読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カストリ雑記

★twitterアカウントはこちらになります。@tkdtmm ★askはじめました。http://ask.fm/lechatblanc1123

初対面の方に出会って2分でちんぽを出した

今、大学3年で就活という大きな山を目の前にしている。

しかし、私は極度の上がり症で、ノンアルコールで対面で人と話すと相手が知っている人であろうがなかろうが、体が震え、時に過呼吸を起こす。こんな状態で就活を乗り切れるだろうか。仕事が出来るのだろうか。

 

私は社会と繋がっていられるのだろうか。

 

昨日初めて、OB訪問をした。

OB訪問を受ける人は一体何が楽しくて、面白いかつまらないか好きか嫌いかもわからない人のために時間を割きコーヒーまでご馳走するのだろう と思っている。マゾかと。

ただ「OB訪問はたくさんした方がいい」と勧められたがために、とりあえずやってみようと目に留まった方にオファーをした。

すると、

「OB訪問受ける代わりに、頼みごとなのですが、たかださんがオススメする一冊をください」

と、目的を伝えてくれた。目的があるとこちらも心が楽だ。そしてなにより、オススメしたい一冊がある。

 

『夫のちんぽが入らない』

f:id:lechatblanc:20170120130658j:image

 

である。

リクルートスーツを着た正体不明の女が突然ちんぽを出してきた」というのはいいネタだと思う。それだけでも忙しい中時間を割いてコーヒー代を持っただけの価値が生まれるのではないか。ちんぽを挟んだwin-win関係だ。

1/18発売で新鮮。ちんぽが入ったタイトルにも関わらずヒットしている。そして何より面白かった。

「よし、ここはいっちょ『ちんぽ』を出そう」

 あえてカバーは断った。外でも読みやすいように配慮した方が良しとされるかもしれない。しかし、タイトルに「ちんぽ」を入れた制作側の覚悟に皮をかぶせるのはいかがなものか。

「よし、ズル剥けの『ちんぽ』で行こう」

 

スーツを着て、就活用カバンに『ちんぽ』を入れ、上がり症を防ぐ薬を飲み込み、待ち合わせ場所へ向かった。

 

 

 

 

『夫のちんぽが入らない』は、「セックス、どれくらいしてるの?」「子どもは?」という、暴力的に降り注ぐ「普通」と、普通のことが普通に出来ない夫婦を描いた私小説だ。

 

体を繋ごうとジョンソンベビーオイルを夫のちんぽに塗ったこだまさんと、社会と繋がろうと人と繋がろうと上がり症を防ぐ薬を飲む自分が重なった。

こだまさんは夫と体を繋ぐことを悩みに悩んで諦める決断をした。

私は社会と繋がっていたいから「普通」の権化のようなラッピングを自分に施し、薬を飲み、人に会いに行く。これは私の決断だ。

 

普通の人は特に悩まなくてもコーヒーを飲むことができる。私はそれができない。でも、私はこだまさんとは違って諦めることはしない。ジョンソンベビーオイルを塗り続ける。

 

『ちんぽ』は人生の指南書ではないし、夫婦愛の素晴らしさを語るものや、「普通」は人によって暴力になりますよということを示唆する内容でもない。「夫のちんぽが入らない」人の人生の話だ。シンプルだか緻密で奥行きのある作品だ。

 

今後もしばらくはオススメの一冊を問われたら『ちんぽ』を出そうと思う。ぼろん と。