読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カストリ雑記

★twitterアカウントはこちらになります。@tkdtmm ★askはじめました。http://ask.fm/lechatblanc1123

午前2時、踏切に双眼鏡を抱えてった

こんばんは。
ふたご座流星群を1人でボケーっと観ていました。
私が住んでいるところは都内と言えども高層マンションも高層ビルもない住宅街で非常に視界がクリア。
天体観測に適しておりまして、イェーイェーアハーン!イェーイイェーイ!って感じでした。
極大は14日21時頃らしいですが、それでも一時間半で10個くらい観測出来ました。

流星群をこんなにしっかり観測出来たのは、私が小3くらいだった時のしし座流星群以来です。1998年?だったかな?
あの時の流星群はとても立派で『火球』と呼ばれる大きくて唸るような音を立てながら飛ぶ箒星も観測できました。
生まれて初めて見た流れ星に心が踊りました。
『流れ星だ!願い事を言わなくちゃ!』と。

26歳になっても『流れ星が流れている間にお願い事を3回唱えると願いが叶うのよ。』という言い伝えは常に心の片隅においていました。じっと機を待っていたのですが、遭遇した約10回の機会全て出会っただけで満足してしまいました。
そんな見逃し三振を繰り返していたら、『きっとあの言い伝えの奥には“どんな機会も逃さず、目標や夢に執念を燃やせる人が願いを叶える人なのよ。”というメッセージが隠されているのだろう。』という思いが湧いて、ガードレールに腰掛けて肉まんをかじっていた私の鼻からサラッサラの鼻水が流れてきました。
寒さから来るものなのか、肉まんの湯気なのか、はたまたその正体は本来目から流れるはずのものなのか。
サラッサラの鼻水を、冷えて真っ赤になった手の甲で拭いて帰りました。

おやすみなさい★彡