読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カストリ雑記

★twitterアカウントはこちらになります。@tkdtmm ★askはじめました。http://ask.fm/lechatblanc1123

一女だけどババァだから酒の件で説教する。

こんにちは、たかだ(女子大生・25)です。
好きなものは酒・煙草・男です。
なかでもお酒が大好きです。

数年前、そう本来であれば大学生の年齢の頃、飲酒ペースは週9日。最近は無理が利かなくなってきたので週6〜7日に減りました。

これから私たち大学生はサークルの合宿だの、夏休みだのでお酒を飲む機会も増えますね。あ、烏滸がましいと言われても『私たち大学生』ってフレーズ使っていくから。それは置いといて、たかだも夏休みは週8日くらい飲む予定です。
ビールも美味しい時季ですしね。
授業もない。気にしなければならないことはバイトに遅刻しないことと、飲酒事故、そして最近発生したようなお酒を使った非道徳的な行為に関わらないようにすることくらいでしょうか。


今日は、飲酒事故に遭わないために・お酒を使った事件の加害者にならないために、ババァの説教にお付き合いください。

私たちは何故お酒を飲むのでしょうか?
お酒が象徴するものはなんでしょう?
成人の記号、解放された自由な時間、感情の高まり、団欒…様々なワードが出てくるかと思います。
大学生活が高校生活や浪人生活、そして社会人生活と違う点はなんでしょう?
社会への準備期間、地域の枠を越えた出会い、自由、解放感…こちらも様々な事柄を連想する方も多いでしょう。
この2つに共通するワード、自由と解放。どちらも素敵な言葉です。
高校生の頃は法律や条例による年齢制限、校則、家族内の規則、勉強時間と様々な制約を受けてきたでしょう。やっぱり今の生活って、その頃と比較すると自由で解放感がありますよね。
社会人から学生になった身の私もそう思います。
皆さん、この自由と解放感を満喫しましょう!
しかし、この自由と上手く付き合うのはなかなか難しいものです。
特にお酒が入って気が大きくなると。
そして、人が集まると。

私もお酒の飲み過ぎで色んな失敗をしました。今でもよく記憶をすっ飛ばします。ただそれは自己判断で飲んだがための失敗で、吐くか、二日酔いか、おねしょ(当時23歳)程度で済みました。

事故・事件まで発展する原因となるのは強要もしくは同調圧力です。

お酒は共有するから楽しい。
美味しくないお酒はつまらない。
すごく単純なことを言いました。
自由な時間を五感で共有するのが、高校生と一味違った大学生らしい楽しい時間なのではないでしょうか。

そして、相手の自由が尊重すべきに値するか、ただの無法なだけになっていないか、本当に自分を構築するために必要なものなのかを見極める感性・洞察力を身に付けるために、まずは下手な同調に流されるのはやめましょう。







【最後に】

・他人の自由を奪うことは暴力以外の何物でもないこと。
理由は言うに及ばず。


・無意味な同調は、自分の心と個性を少しずつ殺すということ。
被害者に回る人も、加害者に回る人も同じです。


・自由と無法は違うということ。
大学が与えてくれた自由は、努力への対価です。勉強だけで人間性は測れませんが、少なくともある程度論理的な考えが出来、リテラシーがある人だと評価してくれているわけです。下手に無茶して個性だなんだと気張らなくても、学校はきちんと一人ひとりのことを認めてくれています。お酒を飲んでいると、つい場を盛り上げようと無茶しがちです。お酒の場での伝説は偶発的な出来事だからこそ面白く、あとあとも語り継ぎたくなる伝説となるのです。ただの突飛な行動はただの黒歴史にしかなりません。


以上、3点がババァからのアドバイスです。


…自戒を込めて。私も飲み過ぎには気をつけよう。