カストリ雑記

★twitterアカウントはこちらになります。@tkdtmm ★askはじめました。http://ask.fm/lechatblanc1123

血まみれバージンロード

HIVの検査目的で献血を利用した不届き者のせいで、輸血によるHIV感染が起きたとかなんとか。

私、献血が好きで、お金がない時は献血ルームのお菓子で飢えをしのいでいます。
サラッと告白しますと、私、20歳の時に刺青を入れました。でも、体にお絵描きがある人も最後の施術から1年以上経過していて、感染症がなければ献血が可能です。
ニートの時に、暇で暇でしょうがない時に保健所に検査に行って、陰性なのを確認して、お腹が空いたら献血ルームでお菓子食べて過ごしていました。
献血すごい。仕事探しすらしなくても、一仕事した気になれる。あとお菓子美味しい。種類豊富過ぎ。超快適。
でも、失血死の致死量の20%という結構な量、即ち『命の20%』をお菓子に変えて満足するってどうなんだろうね!

そして先月、処女喪失10周年を記念して、人生初の性病・肝炎・HIV総検査をやりました。
おかげさまで全て陰性でした。
これもひとえにご乗車の皆様の安全運転のおかげです。ありがとう…みんな愛してるぜ…!

今回は、キットを買って検査しました。費用は約20000円。
病院行くと50000円くらいするらしい。高いか安いかは個人の価値観によりけりでしょうが、出費としては地味に痛い。
でも、ホテル代・ご飯代・タクシー代、女のために色々してくれる野郎共の為に、安全を確保するのも女の務めと思うの。
女だからもてなされて当然?やってもらって当然?中古の自覚を持って謙虚にいこうや。もうさ、若くないんだし。
特にブス。
デザイン性に欠ける私たち。23区で言ったら私たちって、渋谷区や港区じゃないの。
大田区とか葛飾区なの。女の町工場よ。
人情と、町工場の技術と、MADE IN JAPANの安心感で世の中渡ってきたと思う。
だから安心感に投資を惜しんだら発注がこなくなると思う。
そんなこんなで、
親戚からのお小遣いを性病検査キットにブチ込みました!
たかだ家の血を絶やしそうな私ですが、許して!

何故、今回保健所じゃなく、キットにしたかと言うと、
予算の問題もありますけれども、時間の問題もありまして。
保健所のHIV検査って、隔週1回(しかも平日)・受付時間は1時間とかなんだよね。もっと時間拡大すればいいのに。
もっと気軽に受けられればいいよね。
キットだと、商品到着→暇な時に検体とる→送る→1週間以内にネットで発表だから手軽。
検査がもっと身近なものになって、検査目的での献血がなくなりますように。

あと、総合検査のことを『ブライダルチェック』っていうのやめれ。なんか悲しくなるから。