読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カストリ雑記

★twitterアカウントはこちらになります。@tkdtmm ★askはじめました。http://ask.fm/lechatblanc1123

Hi!ビームは感度最高!褒めてあげてちょうだい!

JUDY AND MARYの『BIRTHDAY SONG』より。

私は小さい頃、『誕生日会には行ってはいけない』と言われました。
『付き合いなんてキリがない』
『お返しに、うちもやらなきゃいけなくなる』
『プレゼントを持っていかなければならない』
という理由からでした。
私はだんだん友人の話題についていけなくなり、友人の輪からはずされました。
しかし優等生でしたので、誕生日会には、よく誘われました。
友人ではなく、授業参観の時に友人のお母さんから。
『今度、うちの子の誕生日会があるから来て?』
誘われるのは、やはり嬉しいものです。
ですから、何度か母に
『○○ちゃんの誕生日会に誘われたんだ』
と言ったのですが、
『そうやって報告する時点で、行きたいんでしょ?その“察して欲しい”みたいな言い方、腹が立つ。何回言えばわかるのか。誕生日会なんて行くな。』と、殴られたものでした。あ、我が家の殴るって1発じゃないです。3時間超です。
その代わりに毎年私の誕生日はディズニーランドでした*(^o^)/*
ディズニーランドは嬉しい。文句ない。

しかしながら、私は“誕生日会”という未知のものにずっと憧れていました。
なんというか、禁断の向こう側な感じがして。

そして、私は“誕生日会”がよくわからないまま、大人になりました。
酒を知り、男を知り、タバコは…うん、まぁ…知り、ギャンブルも知った。
しかし“誕生日会”については知らぬままに。

(誕生日会…甘美な響き…!私も祝って欲しい。)
そう思って誕生日の一週間前になると、ソワソワして、
『お誕生日だね。祝わせて!』
という誘いがあらば、飛び付きました。
結果、宗教の勧誘をされたりね。。
あと、去年は、
『乾杯、お疲れ。あ、そうだ!今日はたかだの誕生日だ。おめでとう。(以後、仕事の愚痴を延々と聞かされる)』という事態。
なんだか、私が思い描いていた“誕生日会”じゃないな。と。

でも、それってただ自分が期待し過ぎただけなんですよ。
だって、誕生日なんて他人からすれば何でもない日だし。
私の誕生日は祝日ですけどネ!
だから、誰も悪くない。私が悪い。

そう、
『素敵な物が欲しいけど、あんまり売ってないから 好きな歌を歌う』
なんて歌詞を聴いて10歳にして号泣していた私ですよ?
『素敵なことがやりたいけど、テンプレ通りのモノは素敵だと思えないから、自分で素敵なモノ作る!』
こうでないと。

そして、今回、私主催の誕生日会の開催を決定しました。私が。

『本当に素敵なモノは、自分の手作りかオーダーメイドでしかつくれない。』

『だいたいの遊びはやりつくした今だから、初めてのことをやりたい。』

『無茶じゃないことに、楽しみは感じない。』

『〜してもらえる。〜して欲しい。そういう、“give”ばかりで“take”がないヤツ。死ぬほど嫌い。』

という気持ちで、誕生日会を企画しました。
最後の言葉について、私が“take”出来るもの。
それは、
『周りから“変だ”とか“浮く”とか思われないようにする。それに価値はあるの?そんなに大事?自分にとっての素敵なモノに蓋をしないで欲しい!自分にとっての素敵なモノは自分で作るしかない!』
という想いです。
あと、数種類の企画と、記念品と。

私は本当になんの肩書きも、大した収入も、美貌もない。そんな、なんでもない人ですが、顔はブスでも心は錦。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。